訪問看護師あまちゅう

頑張りすぎず、頑張りたい。あまちゅうの映えない日常をお届けします。

娘の小学校生活

小学校生活も三ヶ月が経過

f:id:cannaca:20220626090214j:image

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

7月の始まりですね。

もうすっかり夏というか、猛暑になっていて驚きを隠せない、あまです。暑すぎるよ。

今年の春、娘の小学校の入学式を迎えたかと思えばもう三ヶ月が経過。

すっかり季節は夏になり、もうすぐ夏休みがやってくるね、という感じ。

共働きのあまちゅ〜夫婦は、夫と私の母の協力を得てなんとか小学一年生の壁を乗り越えようと頑張っている、なうです。朝は私が一緒に娘と登校、帰りのお迎えは夫か母が行ってくれる。(学校のいきいき活動クラブに放課後は預けている)

娘は学校生活は楽しんでいる様子。

どうやら、友達と遊ぶのが楽しいとかではなく、学校生活(授業やら)が楽しいと。

「ともだちはできた?」

「ともだちとはなかよくできてる?」

「がっこうはたのしい?どう?」

「きゅうしょくはたべれてるのかな?」

娘には聞きたいことがたくさんある。

でも、なるべく、聞かないようにしている。それが正解なのかは分からない。子供の性格にもよるのかな、と思うけども私の娘はあまり聞いてほしくはなさそうな感じに思える。

学校生活の事、友達の事、親としては気になるし聞きたい気持ちはあるけど、それが子供にとってストレスになることもあると聞いてから、言葉がけには気をつけないとと思っている。

仕事と家事、子育ての両立で平日は余裕もなく、慌ただしい時間を過ごして気づくと時間が経っている。

そんな忙しい日々の中で、ひとつ。

大切にしていることは、子供の顔の表情を見ること。

娘の顔の表情と顔色、目の大きさ、笑顔。

それだけで、元気かそうじゃないかはほぼ分かる。母親だなと我ながら思ったり。

イキイキしている娘の表情はホントにすぐに分かる。小学校生活が始まり、娘の表情はすごくいい。だから、安心している。きっと、大丈夫だと。

色々聞かなくても、ちゃんと自分で頑張ってるんだ。だから、親としては見守っていこう。

そんな気持ちになる。

お母さんはいつも味方だからね、そんな気持ちも忘れずに。子供からのサインは見逃さないように気をつけながら。

さあ、まだまだ心配は尽きないけど、たくましく育ってね。大きく羽ばたいて。

※写真はリビングの娘の勉強スペース。

新しい家でこんな感じになりました。

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村