訪問看護師あまちゅう

頑張りすぎず、頑張りたい。あまちゅうの映えない日常をお届けします。

娘と通学路を歩く

娘と通学路を歩いて

f:id:cannaca:20220204153225j:image

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

今年の春から小学生なる、あまちゅ〜の娘。

なるべく時間がある週末は、通学路を歩き一緒にシュミレーションをしている。大通りに面した小学校は交通量が多く、歩行者も自転車も多い。ここからは自転車が多いよだとか、渡るときは右と左を見てねだとか、教えながら一緒に歩く。通学路の途中には歩道橋があって、そこが楽しいみたいだ。

今、住んでいる賃貸マンションは小学校の前にあり、通学時間は子供の足では10分程。(距離は近いけども、通学路は遠回りしないといけないため、少し時間がかかる)そして、おそらく6月頃には次のマンションに引っ越し、そこから通うことになる。途中で通学路が変わる。次のマンションは校区の端になるため、子供の足だと20分程はかかる。都会は小学校が密接しているため、通学時間・通学距離は短いのだと、田舎で育った先輩に言われた。田舎では、1時間ほどかけて学校に通っていたらしい。すごい。

昨日、私用があり平日だが仕事の休みをもらった。午前中は時間があったので、娘と制服を買いにいった帰りに通学路を2通り(今のマンションと次のマンションから学校まで)歩いてみた。グランドで小学生が体育の授業をしているのを一緒に見たり、綺麗に咲いている花を見たり。娘と手を繋ぎながら、いろんなことを話しながら気づけば1時間半程は歩いていた。すごく幸せな時間が流れていた。天気も良かったし。

通学路の話もした。

小学校の途中で通学路が変わること、今住んでいる場所よりも遠くなること。だけど、通学路が遠いと友達と一緒にたくさんお話をしながら帰れるから楽しいね、いいねと伝えた。「ほんとだね、ともだち100人できるかな」と娘が可愛い声で聞いた。「◯◯ならできると思うよ、人気者になるね」と返した。「100人じゃなくてもいいや、90人でもいいや」そんな、平和な会話をしながらひたすら、のどかな道を一緒に歩いた。

春からピカピカの小学生、成長を応援しよう。

※写真は違う場所で撮った風景。

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村