訪問看護師あまちゅう

頑張りすぎず、頑張りたい。あまちゅうの映えない日常をお届けします。

低身長に対する考え方

低身長に対して、夫婦の考え方の違い

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

あまちゅ〜夫婦はともに背が低い。私が148cm、夫が163cmである。遺伝もあり、6歳の娘も背が低く現在、9月産まれで103cm(成長曲線−2.3SD)低身長外来に定期的に受診している。娘は去年の夏に検査入院をして、成長ホルモンの分泌の検査を受けたが、正常に成長ホルモンは分泌されていた。やはり、遺伝だった。現在は経過観察中だか、成長曲線が−2.5SDを下回ると、ホルモン治療を公費で受けることができるらしい。

夫婦で身長に対しての考えが違うこと、実は最近知った。

低身長に対して、私は消極的なイメージだった。が、夫の話を聞くと自分が低身長に対して特になんとも思っていない、むしろ良かったとまで言った。驚いた。私は小さい頃から背が低く、「ちび!」と散々言われたり、嫌な思いもしてきた。だから、自分の身長に対して物心ついた頃には、コンプレックスとなっていた。そして、背の低い子は少なからず自分と同じ気持ちはあるだろうと思いこんでいた。

だから、身長にこだわる私を夫はあまり理解できなかったようだ。夫は背が低いがゆえに、先生からも可愛がられたし、友達からも人気だったらしい。だから、別に背が低くてもいいんじゃないという考えだった。

その人自身の性格が影響する部分も大きいのかなと、思った。私は捻くれた性格で夫は温厚な性格だ。それゆえに、こういう考えの違いが生まれるのかなと。いずれにせよ、人それぞれ考えは違う。だから、自分の考えばかり押し付けないで、きちんと相手の考えを聞いて視野を広げていこうと思う。

 

 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村