訪問看護師あまちゅう

頑張りすぎず、頑張りたい。あまちゅうの映えない日常をお届けします。

4月が始まった。

新生活の始まり

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

f:id:cannaca:20220402133936j:image

4月になり、新生活が始まった。

新生活、新しい環境で学生の頃や看護師として就職し始めた頃まで、この時期が苦手だった。

新しいクラスだとか配属先、そして新しく出会う友達、同僚、先輩達。慣れない生活に緊張するこの時期が、いつも早く終わればいいのに、と思って過ごしていた。

子供を産み、母となり、訪問看護師として安定して働くようになり、この時期は自分のことよりも子供のことを心配するようになった。この時期は、良い先生やお友達に出会えますようにと祈るようになった。

なんだか、年を重ねるごとに考え方や考える内容が変わり、月の流れを感じる最近。

娘と歩いていたら、あまり見かけることのない鈴蘭の花を見つけた。私と娘の大好きな花、鈴蘭。思わず、写真を撮った。

なんだか、幸せなことが起こりそうな予感。

4月も頑張って、乗り越えていこうと思う。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

桜、咲く春。

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

f:id:cannaca:20220328071227j:image

昨日、夕方娘と公園に行った。

雨続きだったから、週末に公園に遊びに行くのはなんだか久しぶりだった。桜が綺麗に咲いていて、心が綺麗になった。気がする。

娘の保育園卒園式も無事に終わり、今日から31日までは普通に保育園に登園する。

なので、まだあまりお友達とお別れした実感はないが、4月からはいよいよ小学校。慌ただしく、忙しい毎日に寂しさは薄れていきそうだなとも。

桜を満喫しながら、今日からまた訪問看護頑張ってきます。今日は5件訪問、忙しめ。

にほんブログ村 病気ブログ 訪問看護へ
にほんブログ村

保育園、卒園式

卒園しました

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

f:id:cannaca:20220325132716j:image

令和4年3月25日、無事に5年間通った保育園を卒園式しました。お世話になった先生方、スタッフの皆様、支えてくれた家族、職場の方々。今、感謝の気持ちでいっぱいです。

保育所生活で培った思いやりの心、助け合う気持ち、そして逞しい力を信じて、共にしっかりと歩んでいきたいと思います。

来月からはいよいよ小学生、新たなチャレンジに気持ちを切り替えて一緒に頑張っていこうと思います。

無事にこの日を迎えれたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。

おめでとう。本当におめでとう!

そして、ありがとう。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

祝日勤務はなんだか特別

こ祝日勤務頑張り中

にほんブログ村 病気ブログ 訪問看護へ
にほんブログ村

f:id:cannaca:20220321125113j:image

まず、3月20日あまちゅ〜33歳の誕生日を迎えた。おめでとう、あたし。30代前半なんてまだ若い若いと祝ってもらえることが多くて、嬉しい限り。気持ちはまだまだ20代のあまちゅ〜を宜しくです。

そして、3月21日春分の日。

今日は祝日だが、絶賛お仕事中。娘は今日は夫担当の日で、公園で自転車練習をして、そのあとケンタッキーにランチを買いにいくという素敵なプランを2人で話していた。

そんな、私は今日は訪問6件で点滴処置やストーマ管理など処置が多い日。午前3件、午後3件訪問で午前中の訪問が終わりホッと一息コンビニで一人ランチをしている。こういう時間が本当に好きでリラックスできる。

午前中最後の訪問利用者さん、点滴挿入が難しくて失敗した。けど、利用者さんに励ましてもらい、めげたけど、頑張って点滴成功した。点滴挿入って、一度失敗してめげると、メンタルが崩れてしまう。

一息ついて、時間を置いて、深呼吸をしてチャレンジする。まだまだ下手くそな私だけど、何事もチャレンジで頑張らせてもらう。

点滴が終わった後、利用者さんに「お陰様で元気になりました」と手を合わせて、笑顔で言われた。なんだか、申し訳なくなるけど、こういう言葉に救われる。こちらこそ、ありがとうですと。さて、午後からも頑張ろっと。

※ちなみに、今日のファミマでのお昼ご飯。このセットでぴったり500円だった。嬉しい、良いことが起こりそうな予感。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

教習所の思い出

運転免許取得までの道のりを振り返る。

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

最近、免許更新のハガキが届いた。

免許取得をして一度も車を運転したことがない私は立派なペーパードライバー、そしてゴールド免許保持者だ。自慢にならないが。

身分証明書として、免許証があれば便利だろうと思ったのと育休中に母に「免許だけは時間のある時(育休中)に取っておきなさい。将来、役に立つ日がくるかもしれないから」と助言を受け、生後6ヶ月の娘を母に託し頑張って取得をした。娘と私、そして母と協力して頑張って取得した免許。思い出が蘇ってくる。

近所の警察署で更新手続きをしようとも思ったが、試験会場のある場所には思い出があるため平日休みをもらい、予約を取り行くことにした。無事に免許更新を終えたが、平日なら空いてるかなと思ったが、すごく混んでいて驚いた。

思い返せば、生後6ヶ月の娘を母に預けて約3ヶ月くらい教習所に通った。完全母乳でもあり(練習はしたが母乳瓶を受け付けなかった)不安は多々あり、弱音も吐いたが、(私の)母は強く「大丈夫、いってきなさい。」と背中を押してくれた。母は長年保育士をしていたので子供の世話は手慣れたものだった。

泣き喚く我が子に後ろ髪をひかれ、教習所に向かう生活は次第に慣れていき、娘の夜泣きと戦いながら夜中に勉強をする生活を送り、気づけば卒業検定も無事に終わっていた。

試験本番、半日程は時間が要するため、娘を連れて母とともに試験場に行くことになった(完全母乳のため半日は難しくて、また離乳食を食べない子だった。)試験場には授乳室などはもちろんなくて、母の車で過ごしてもらっていた。試験が終わり、母乳をあげて、また会場に向かうそんな慌しい日だった。幸い、試験場の中に広めの母子待機スペースを発見し、娘は私が試験を受けている間にそこで昼寝をしてくれていた。安心して試験を受けることができた。

「試験に落ちたらどうしよう」普段なら思う心配など考えている暇はなく、受かるしかないという気持ちで試験を受け合格通知を見て、免許証をもらいそそくさと娘のところに行った。母はとても喜んでくれた。

その頃の記憶が試験場に行くと思い出す。ああ、ここだ、ここで娘と母は私を待っていてくれてたんだと。

教習所生活と育児の両立の中で困ったことは、娘が離乳食を食べなかったこと。娘は低体重児で産まれたのもあり、同じ月齢の子よりも食は細かった。今でも少食だが、あまり食事に興味がないというか。なので、離乳食2回食を食べ始める時期でも、白湯とハイハイン(白いせんべい)だけで乗り切った時期もあった。

当時、まだ言葉が話せない娘に何度も聞いた。「なにだったらたべてくれるかな?」と。もちろん答えは返ってこないのだけど、初めての子育てに離乳食を食べてくれない娘。その当時はとても悩んだ。その話を今の娘にすると、ケタケタ笑って聞いている。

こんなことを言って笑える日が来るとは、あの頃は思わなかった。

話は逸れたけど、そんな教習所の思い出を書いてみた。次は5年後。そして、今は身分証明書だけの免許証だけど、いつの日か車を運転する生活ができたらよいかなとも密かに思っている。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 

夫婦の在り方

夫婦って難しい

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

あまちゅ〜夫婦は付き合って5年目の頃に結婚した(おそらく)結婚して今年で10年目となる。そう考えると、15年程一緒にいることになる。

喧嘩は一年に数える程。仲は良い。私は我慢ができなくて言いたいことを言うが、夫が優しくて受け入れてくれる。そして、すぐに「さっきはごめんね」と謝ってくれる。そしたら、こっちもなんだか悪い気がして、「こっちもごめんね」と謝り返す。意見の食い違いだとか、些細な言い合いだとかはよくある。

だけど、その都度そんな感じで乗り越えてきた。何気なく言った一言が傷つけていたりすることがある。言葉は武器になり、時に凶器にもなる。本当にそうだと思う。

発する言葉には気をつけないとな、と思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

謝辞を読むことになった

保護者代表として

 にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

先日、保育園のお迎えの時に娘と同じクラスの保護者ママさん達がなにやら集まって話し合っていた。ちらっと話が聞こえた。どうやら、卒園式に向けての準備のことについて話をしていた。

娘の保育園は在園中に保護者会のクラス委員・役員を1度だけ行うことが決まりとなっている。0歳〜5歳児クラスまでの間で1年1度だけ。なので、その年が終われば役員会に参加することもない。ちなみに私は2歳児クラスでクラス役員を終えていたので、今は役員会で決まった内容をメールで確認するくらいである。

5歳のクラス役員・委員さんになると、卒園に向けての準備が加わるため忙しくなる、らしい。コロナ禍もあり、保護者会もなく、集まりもないため保護者同士での情報共有も送り迎えの一瞬だけなのでほとんどできていない。なんだか、寂しい現状だけど、このご時世仕方がない。無事に卒園式が行われる(予定)ことだけでも感謝しないといけないのかなとも思う。

話を戻そう。

ちょうどお迎えのときに話し合いの現場に遭遇、そして声をかけられた。前から親しくしていたママさんだったのでしばらく話をしていた。どうやら、卒園式の準備は順調に進んでいるが、最後“ 謝辞 ”を呼んでくれる人がなかなか見つからなくて困っているという内容だった。お恥ずかしい話だが、世間知らずで知識のない私は“ 謝辞 ”という言葉を初めて知った。

そこに立ち会ったママさん達もやんわりお断りをしていた。そして、私は何を思ったのか、困っているのなら少しでも協力できたらいいかなと思い「いいですよ〜」と引き受けることになった。まあ、娘もひとりっ子だし、保育園生活はこれで終了となるし、自分の思い出はたまた娘の記憶にも残れば一石二鳥になるかなとも思った。

実は、高校生の頃に新入生代表で挨拶の文を読んだことがある。そんなことをふと思い出したり、こんな経験を人生で2回もできるのはなかなかないのでは、とも感じた。ともあれ、謝辞の文章は役員の方が考えてくれている。私はこころを込めて、感謝の気持ちで噛まずに、ゆっくり読むこと。それを心がける。

まだ時間はある。ゆっくり練習しようと思う。

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

朝から赤出しを作る。

赤出し

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

おはようございます。あまちゅ〜です。

昨日は久しぶりの雨。冷たくて寒くて、少し自転車勤務には厳しい天候だったけど、帰ってからお風呂であったまり復活。まだ若いのかね。

そんな私も、今月誕生日。33歳だ。

朝から、赤出しを飲むたくて仕方がなかったから作って頂いた。娘が赤出しが大好きなので、よく作るのだが、今日はコッペパンの中にピクルスをたくさん詰め込んだパン(我が家では通称ピクパンと呼んでいる)を美味しそうに食べていた。ピクルスがなによりも好きみたいだ。

いつも、赤出しにはワカメと豆腐を入れるのだが、今日はワカメと厚揚げを入れた。それもなかなか美味しかった。あったまった〜。

さてさて、今日もお仕事頑張ろう。

少し短めのブログ更新。

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

 

予定のない土曜日の朝

ゆっくり眠れる幸せ

f:id:cannaca:20220226075834j:image

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村

あまちゅ〜は平日フルタイム勤務。祝日は仕事で、土日はお休み。ここ最近は、土曜日の朝に病院だったり、リフォームの打ち合わせだったり予定があることが多かった。

久しぶりの予定のない土曜日の朝。

目覚ましをかけずに、朝ゆっくりと眠れる幸せ。冬になると、布団の中があったかくて、布団から出れなくなる。でも、今日はまだ出なくてもいい。今日は布団の中から、ブログを書いている。

のんびり、ぐうたら、たまにはこんな日も必要だな〜と思う。ブログやYouTubeを見たり、ネットサーフィンを楽しんでいる。

ショートスリーパーの私は、眠るのがあまり好きではなかった。昔から、家族の中でも1人早起きで(特に何をするってわけではないが)布団でゴロゴロ眠っているのが苦手だった。

子供が産まれてもそんな生活が続き、休みの日も、1人朝6時頃に起きて、1人時間を過ごしていた。ただ、最近は家族の中では一番起きるのは早いが、前よりは遅く、ダラダラと布団で過ごすことが多くなってきた。不思議だ。

夫と娘はロングスリーパー。

起こさないと、ずっと眠っている。似た寝顔と同じ様な体勢で気持ちよさそうにスヤスヤと眠っている。

さて、もう少し布団の中で楽しもう。

今週はのんびり週末を過ごそう。良き週末を!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

娘の勉強机

我が家の考えた、娘の勉強机

f:id:cannaca:20220224214110j:image

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月〜16年3月生まれの子へ
にほんブログ村 

今年の春、娘は新小学校1年生となる。

小学生に向けての準備を着々と進めている(たぶん、進んでいると思っている)

ランドセルは去年の4月には購入したし、学校指定の制服だとか文房具だとかも購入した。あとは、名前をひたすら記入していくくらいかな。(名前シールも購入してみた)

あまちゅ〜の働く職場には先輩ママさんが数人いるので、色々と教えてもらい参考にしている。初めての経験なので、親としても不安なところもあり、そういう先輩方からの情報はとても助かっている。

小学生に向けて、夫婦で悩んだのは『勉強机』だ。

私が小学生の頃はキャラクターだとかのよくある子供の勉強机を購入してもらった。ただ、賃貸マンションに住むあまちゅ〜家にはあの机(結構大きい)を置ける場所がない。夫婦でどうしようかと悩んだ結果、リビングに置ける机を探すことにした。

ネットショップで資料を取り寄せて色々調べたり、探したりしたがなかなか自分達の条件に合った娘の机は見つからなかった。なので、家具屋街で有名な場所に探しにいくことにした。家族3人で一緒に。

家具屋街をウロウロ歩き回り探すも、なかなか子供の勉強机となるものは見つからない。ウロウロしていると、娘も歩き疲れ始めた。諦めかけて、最後にふらっと入ったお店の端に、素敵な机を発見した。もちろん、子供の勉強机としては売っていなかった(おそらく、化粧台のような売り方だった)事情を店員さんに説明したところ、親身になって相談に乗ってくれた。店員さんの対応もすごく良かった。

余談だが、商品を購入する時、店員さんの接客や対応はすごく大切だと思う。迷っていたりすると、店員さんの接客次第で気分も良くなり購入に至ることもあるし、また今度この店に来ようという気持ちになれる。逆も然りだが。

そして、娘に実際に座ってもらい娘の身長に合わせて机と椅子の長さを切ってもらうようにオーダーをした。もちろん娘は成長し身長も伸びる。ただ、おそらく私ぐらいの身長(150cm前後)になると思うし、中学生くらいになり受験や勉強となると机も買い替えないといけないと思うので、そんなことも考えて購入に至った。ちなみに、私も使える高さので、娘が使わなくなったら、私の机にしようとも思っている。

今の所、座り心地も良くて、存在感もあり、すごく気に入っている。(娘もきっとそう思っていると思いたい。)ちなみに、家具屋さんの名前は『スキャンティーク』という。

来月、ダイニングテーブルを購入しにいこうと思っている。

素敵な机でおいしいコーヒーを飲む。これが、私の今叶えたい夢である。

 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村